新電力会社ってどんな会社か

電球とプラグ

電力自由化が始まって、たくさんの新規参入した企業がありますが、新電力会社についてどんなことを知っていますか。新電力会社が発電所を持っていて、自前で発電した電力を販売していたり、送電網を構築しているわけではありません。発電所も送電網も新しく作ることは難しく、莫大なお金がかかりますし、時間もかかってしまいます。そこで、新電力会社では、発電所を持っている電力会社から大口で電気を買ってそれを販売しています。大口契約にしてしまえば割安で電気を買うことができますから、このやり方であっても新電力会社は安く電気を提供できます。だから、新電力会社は電気料金を安くすることができますので、利用する際には比較してください。他業種から参入した会社であっても全く同じような仕組みで電気を買い、送電網を借りていますから安心して利用できます。それぞれの会社でサービス内容がいろいろと違っていますから、どんなサービスがあるかを調べましょう。単に電気料金が安いだけではなく、ポイント制度が充実していたりガスも利用できたりするなど様々です。サービス内容がそれぞれの会社で全然違ってきますので、利用する際にはよく比較しておかなくてはいけません。電力会社が一気に増えてしまいましたので、いろいろと分からないことがあるかもしれませんが、比較してみるとそれぞれの会社の特徴がわかるので調べてみましょう。

いくらかかるかを計算しよう

模型

新しい電力会社に乗り換えたいと言うことであれば、電気料金を比較することは絶対にやっておいた方が良いです。ただ、必ずしも今よりも安くなるとは限りませんから、いくらくらいかかるかを計算した方が良いです。電力会社のホームページにシミュレーターがあることが多いので、それを使って計算してみてください。今の電気料金と比較してみて安くなっているようであれば、乗り換えの候補として真剣に考えてみるのも良いかもしれません。

他のサービスもチェック

グラフ

せっかく電気会社を乗り換えるのであれば、電気料金を比較するだけではなく、他のサービスもチェックしませんか。ガスとまとめるともっと安くなったり、他のサービスを一緒に契約すればますます安くなるかもしれません。他のサービスもよく利用するからポイントがたくさん貯まることもあるかもしれません。電気代は固定費なので重要ですが、他のサービスがどれだけ充実しており、自分たちの家族が利用するかを考えて電力会社を決めましょう。

広告募集中